色のついた再生紙を木の間にはさみこんだ新しい合板「Paper-Wood 」。
木口(木材を横に切った断面)に現れる美しいストライプは、塗装などの後加工では得られない独自の表情と質感を持っています。
2008年にPLYWOOD laboratory により独自に開発された素材で、現在までに日本国内において著名なデザイナーや建築家たちの数々のプロジェクトに使用されてきました。
合板はすべて、北海道の自社の工場で生産されています。北海道産の木材にこだわり、人の手で丁寧に製造され、木口面に穴などがないよう単板1 枚1 枚をしっかりと検品して補修をしているため、切った木口断面に欠点が少なく、美しい断面としてそのまま使用できる高品質な合板です。
隠すのが一般的な木口を、デザインとして楽しめるPaper-Woodを用いたプロダクトを多数ご紹介します。

35 items

並び替え