1. ホーム
  2. >
  3. 特集
  4. >
  5. 柳宗理

柳宗理

使いやすさを追求した「柳 宗理」デザインコレクション。
柳 宗理は日本のプロダクトデザインの第一人者であり、日本を代表する工業デザイナーです。
MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久所蔵に認定されているバタフライスツールなどの家具類をはじめ、キッチンウェア、東京オリンピック聖火トーチホルダーなど広範囲なデザインを手掛けています。2002年にはその功績が評価され、文化功労者に顕彰されました。
ステンレスキッチンウェアは柳宗理氏にデザインを依頼して1974年に販売を開始した#1250ステンレスカトラリーから始まりました。その後、ケトル、片手鍋などのステンレス製品を中心に展開し、現在ではキッチン・テーブルウェアのトータルブランド『柳宗理デザインシリーズ』として展開しています。
柳宗理商品は図面などに頼らず、模型を作り実際の使い勝手を徹底的に検証します。そのような作り方が柳宗理の思想である「用の美」、つまりは「使いやすく、美しい」商品を実現させています。

130 items

並び替え